真っ黒Tシャツの 『毎日四面楚歌』

<< 2018燃 | main |
スポンサーサイト
04.03 | - | - | |

一定期間更新がないため広告を表示しています

気になるあのドラマーに訊いてみよう!第六発目 dicky編
04.02 | 音楽 | comments(0) | 17:36 |

※かなりの長文なのでスマホからご覧の方はサイト一番下の【PC表示に切り替え】に変更した方がかなり読み易くなります!!

 

みなさんこんちは〜!お元気でしたか??

巷では毎年4/1は「あ、真っ黒Tの年イチのブログ更新日だ」と認識してくださってるレアな方がいると聞きました…。

誠に申し訳ございませんでした!!

 

3/30に名古屋でtranquil life(自身が所属してるバンド)のレコ発と、地元に帰ってから早々とごっつい仕事があったため、マジで疲れ果ててしまい4/2の更新となってしまいました。どうでもいいか。

企画してくれたroom501の竹岡くん(タピくん)ありがとうね!!カレーの件もいろいろ準備してくれてありがとう。いつも名古屋遠征は楽しくやらせてもらえます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さてさて、突然ではございますが今回は超久々にあの人気コーナー、「現在のジャパニーズインディーロック界で活躍するあのドラマー、いったい何者?」を解決?する『気になるあのドラマーに訊いてみよう!』をしますよ!

 

前回は2011年年末に掲載した五発目の恭佑くん(インタビュー当時はCOHOLに所属してましたが昨年12月2日のワンマンライブにて惜しくも脱退しました)以来の約8年振りのインタビュー。いや〜もうそんなにやってなかったっけ?!

実のところ何人かのドラマーさんにもインタビューを訊いてたのですが、バンドが解散もしくは活動停止になりアポ取れなくなったためインタビューが滞ってました。マジで最高なドラマーさん達だっただけに掲載出来ないのは残念無念…

 

今回は絶対に連絡取れるであろうドラマーさんをチョイスさせて頂きました。
勿論、そのドラマーさんも巷で有名な方でしで、一度は観た事があるのではないでしょうか?

今回は…あのパンクハードコアダヴバンドSiNEと東京メロディック代表shipyardsの爆烈ドラマーの彼です!!

 

○さてさて、お名前をどうぞ。

 

dicky(ディッキー)と呼ばれています。SiNEshipyardsshobuのドラムです。

 

●本名は公開してないとのことですね?ほんとはdickyの由来もマジ訊きたいとこですが。ちなみに今おいくつですか?

 

真っ黒Tシャツさんと出会った頃は19歳でした。いい歳になりました。


○あの頃はオレが20〜21歳だから今は33歳くらいかしら。どこ出身?

栃木県です。

●いつくらいからバンドを始めたんでしょうか?

 

高1の頃に同級生と初めてバンドを組みました。上京し20歳の頃にGROUNDOCOVER.に加入し、本格的に活動を始めました。


○たまたま再会したときは横浜の24というライブハウスで羊数えるの企画にGROUNDCOVER.で叩いてたね。なんかスゴイ叫びながら叩いてたような(笑)一応音楽遍歴をざっと教えてください。

 

中高メロコア、大学で現代音楽と電子音楽、社会人になってハードコアとアンビエントにハマりました。

●いろいろ通ってたんですね。好きなバンドは?

 

citrusBOaTセンチメンタル・バス


○それではここから本題。好きなドラマーは誰?

DeerhoofGreg SaunierさんとLOW VISIONヨツノさん。このお二人が理想です。

ドラムを僕が叩くのではなく、僕がドラムを叩くことが重要。そう奮い立たせてくれる方々です。

 

Deerhoof Gregさん

 


LOW VISION 吉野(ヨツノ)氏

 

●それではあなたが使ってるドラム機材を紹介してください。

スネアはLudwigのLM-400を15年以上使用しています。


○なぜそのスネアを使ってるのですか?

軽くて持ち運びが楽なんです。愛着もあります。

●スネアのチューニングはどんな感じですか?

段ボールを両脇から叩いたときの「ボフッ」って音と感触を目指しています…。

○スネアのヘッドなに使ってますか?

打面はREMOのCONTROLLED SOUNDのコーテッド。耐久性のあるものを。

●(New質問)スナッピーは何使ってますか?そして紐派?テープ派?

PURESOUNDの24本、どのモデルだろう…。紐を使用しています。

○ペダルは?詳しく教えて!

TAMAのIRON COBRAのダブルチェーンを所有していますが、持ち運びがおっくうで…。


●スティックは?詳しく教えて!

思いっきり叩きたいのでとにかく太くいものを。

左手はPROMARKのROCK KNOCKERの太いタイプ。先端がチップになっていないただの棒です。

右手はVIC FIRTHの3A。両手ROCK KNOCKERで揃えたいところですが、ライドのピング音を意識して、こちらはチップのあるものを使用しています。チップ付近がいちばん太いものを楽器屋のすべてのスティックを比べて選びました。

 

※ROCK KNOCKERの棒。恒岡 章(Hi-STANDARD)も使用してることで有名。余程のことがない限り折れないし強靭。ただしヘッド類を突き破ることが多い。

 

○シンバルは何使ってますか?詳しく教えてください。

PAiSTE / Formula 602 Medium Ride / 22"
初めて叩いた時にひと耳惚れでした。流れ星みたいな音。右手側でライド兼クラッシュとして使用しています。

K Zildjian / LIGHT RIDE / 22"

これは左手側でクラッシュとして使用しています。でかい同サイズのライドを2枚並べたくて…派手に叩いても音量が出すぎないものを選びました。

ハイハットはトップが PAiSTE / Formula 602 Modern Essentials HiHat / 15"、ボトムはビンテージのFormula 602です。ボトムはギザギザしたSound Edge仕様で、クローズして叩いた時に空気が抜けてく、スナック菓子のようなサクッとした感触が最高です。

 

PAiSTE Formula 602 Medium Ride 22inch


●パイステの602の20ライド自分も昔持ってました。マジで煌びやか。繊細な細い音ですよね。

 独自の練習方法ってあります?

数日間練習をしない。固くなっていたものがほぐれて、また新鮮な気持ちで叩けます。


◯ドラムの練習方法はなんですか?やらないとかは無しで
初めてバンドを組んだ高校の頃から変わっていません。DAMAGEの"Bright Blue Sky"、Hawaiian6の"Eternal Wish, Twinkle Star"、Blink-182の"Anthem"をひたすらコピーしています。


○自分のドラムセットのこだわりは?

 

セットと体との距離を大きくとっています。動きが伸びるし、助走をつける感覚です。

●自分が得意(クセ)の叩き方は?

 

16。ひたすら刻む。

○あなたのドラムプレイで注目してほしいところは?

俺が叩いている、というところです。

●自分にとってドラムとは?

遊び。楽しい。

○他に何か楽器で演奏出来ますか?

 

できません。

 

◯音楽以外の趣味はなんですか?

現代アート。

 

●最後にご友人のドラマーで好きな方いますか?

falls前くんKillerpassカズキックCALENDARSタカヒロ
僕よりも若い3人で、彼らのピュアさには敵いません。いい汗かいてるね〜!

○インタビューを受けてのあとがき、感想等ください

渋谷のライブハウスで真っ黒Tシャツさんから声をかけられて知り合い、当時はお互いバンドをやっていませんでしたが、後に対バンしたりこのインタビューもそう、こんなふうに関係が続いていくとは思いませんでした。真っ黒Tシャツさんがかわいい女の子だったらよかったです。また一緒に台湾行きたいですね。

 

 

 

 

 

 

インタビュー後記

 

自分が15年前の二十歳ころにあてもなく地元仙台を抜け出し東京に住み着き、上京初のライブはnestでOWENtoeを観に行ったことでした。

 

まぁその時はバンドもやってなく、全く友達がいない状態でしたので趣味友達を作るべく思い切って右隣にいた帽子を被ってた男性に声を掛けたらディッキー君でした。

彼もドラムを叩くと言ってたが当時はバンドをやってなくてただただ柏倉さんの生ドラムを間近で拝見する柏倉キッズでしたね。(俺も)

名前なんて言うんですか?と訊いたら「ディッキーって言います!」って当時も言ってました。外国の方なんですか?とも訊いた記憶がありますね。

最初はメールやりとりしてたんですが後に音信不通となり、自分はドキュメントやらDetrytusを経てelicaにヘルプで叩こうかという時に横浜24でGROUNDCOVER.のドラムとしてディッキーと4年ぶりに再会したのです。実は再会して初めて知ったのですが高円寺UFOクラブでTHE ACT WE ACTを観に行った際に対バンしてたshobuってバンドがいきなしクソカッコよかったのですが、そのドラムもまた彼だったのです。

そこからはなんとなくSNSで繋がり、後にSiNE、後に同い年バンドで盟友のshipyardsに電撃加入と。

 

友達として長年付き合ってて、最近なんかディッキー君と何故か一緒に台湾旅行に行きました。ブルータス参考にしていろいろ連れて行ってもらったんですが楽しかったですね。

まぁ結構彼はあまのじゃく思考で人と同じ事はしたくない!みたいなところは多々感じますが、音楽や芸術に対してはクソ真面目。ドラムは見ての通り凄いし。

ちなみに僕はディッキー君の本名は知ってますよ。意外に普通な名前なんでいつも間違えるけど(笑)

バンド遍歴が凄すぎて孤高の存在ぽいのになんか憎めない、個人的に東京で一番仲良くなったドラマー兼アーティストなのかもしれません。

 

※過去に自分がなんとなく作成したドット絵のディッキー君。聖杯型グラスにクラフトビールが注がれてます。

 

 

shobu "OSO"

 

 

スポンサーサイト
04.03 | - | - | 17:36 |









 
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
Entries
Categories
Comments
Archives
Profile
Links
見ちゃった人々
ブログパーツUL5
Others

Favorites
ウォーレスの人魚 (角川文庫) デザインのデザイン
Ad